自賠責段階からのサポートによる賠償額増額事例 - 大阪の交通事故弁護士

解決事例

自賠責段階からのサポートによる賠償額増額事例

               
性別

男性

年齢

60代

職業

会社員

後遺障害等級・死亡事故

6級併合6級

症例・受傷部位

左大腿骨折,左脛腓骨骨折,左中手骨骨折等

提示された
慰謝料
相談前相談後

なし

約5,800万円

弁護士介入
による
慰謝料増額の
要旨

被害者はオートバイに乗って走行中、よそ見運転によってセンタ-ラインオーバーした自動車に正面から衝突されました。
適切な賠償金がいくらか不明であり、相手方の保険会社との示談交渉をお願いしたいとのことでご依頼いただきました。

まずは、後遺障害等級の獲得も目指して自賠責への被害者請求を行った。
ところが、受診している病院から手渡された後遺障害等級のための診断書には、不備があり自賠責の手続が進まなかった。
そこで、弁護士が直接病院と交渉して、不備のない診断書の作成を依頼した。また、同時に、協力医にも相談し、助言を得て、それをふまえて病院に対し、適切な診断書を作成するよう依頼した。
さらに、被害者の傷害内容に関し、受診している病院の診断書とは別に、協力医に意見書を作成してもらった。
また、後遺障害等級の判断を行う大阪の損害調査事務所に対し、被害者の受傷状況について説明するなどした。
その結果、当初予想の7級を上回る6級相当の後遺障害等級認定がなされた。
この後遺障害等級認定は、被害者の受傷状況についての説明がなければ獲得できないものであった。
また、その後の保険会社との交渉においても、被害者の依頼者の事故状況を詳細に説明し、さらには被害者の勤務先会社とも連携して社長自ら陳述書を作成してもらうなどした。
保険会社が一度提示した金額に対しても、詳細に反論をしたところ、最終的に、保険会社は当初の提示額から500万円増額した提案をしてきたため、示談に応じた。

後遺障害等級認定の当初の段階から、積極的に認められるべき等級をきちんと主張した結果、高い後遺障害等級認定がなされた。そのため、後遺障害等級認定で争うことなく、スムーズに保険会社との交渉に進むことができた。
そして、結果として、被害者は、訴訟で争う必要もなく、速やかに納得できるだけの賠償金を受け取ることができた。

大山・中島法律事務所(大山弘道弁護士 中島ふみ弁護士)

TOPに戻る