外傷性頸部症候群において14級9号の後遺障害等級認定を受けた事例 - 大阪の交通事故弁護士

解決事例

外傷性頸部症候群において14級9号の後遺障害等級認定を受けた事例

性別

男性

年齢

40代

職業

パート

後遺障害等級・死亡事故

14級9号

症例・受傷部位

外傷性頸部症候群

弁護士介入
による
慰謝料増額の
要旨

大阪府守口市在住の依頼者様が大阪府外を走行する乗用車(被害車両)の助手席に乗車し,右折レーンにて停車していたところ,対向車(加害車両)が前方より車線をはみ出し,被害車両の助手席側と正面衝突した事故でした。

依頼者様は,衝突により全身に衝撃を受け「外傷性頸部症候群」との診断を受けました。
本件では,症状固定前の治療中の段階で弁護士が関与し,自賠責保険の後遺障害等級認定の申請を行ったところ,14級9号の認定を受けることができました。
後遺障害の認定の有無により受けられる賠償額が大きく変わるため,早期に弁護士が関与すべき事案でした。

大山・中島法律事務所(大山弘道弁護士 中島ふみ弁護士)

TOPに戻る