主治医の意見書により賠償額が増額した事例 - 大阪の交通事故弁護士

解決事例

主治医の意見書により賠償額が増額した事例

性別

女性

年齢

50代

職業

自営業

後遺障害等級・死亡事故

14級(併合14級)

症例・受傷部位

頸椎捻挫,腰椎すべり症等

弁護士介入
による
慰謝料増額の
要旨

大阪市中央区在住の依頼者様がバスに乗車中、バスが急停車したため着席していた依頼者様の体が投げ出され、体全体を通路の床部分に強く打ち付け、「頸椎捻挫」「腰椎捻挫第4腰椎すべり症」「右肘打撲傷」「左下腿打撲傷」との診断を受けた事案です。

自賠責保険の後遺障害等級認定において併合14級とされた後、主治医に意見書の作成を依頼し異議申立てを行ったものの、症状固定時に残存する自覚症状と他覚的な検査所見との間に医学的な整合性が認められないとの理由により、残念ながら結論は変わりませんでした。
ただし、賠償額の協議において、交渉の結果、14級を前提とした賠償額より50万円増額した金額で合意することとなりました。
わずかな増額ではありますが、弁護士が関与し主治医に報告書を作成していただけたことによる増額だったと思います。

大山・中島法律事務所(大山弘道弁護士 中島ふみ弁護士)

TOPに戻る