交通事故弁護士相談ホットライン

所属弁護士一同
その示談、まだ応じないでください!

交通事故問題の解決に
強い弁護士必ず見つかる
相談サイト

正しい賠償金の獲得、
後遺障害等級の認定は弁護士に
任せることが最良の手段です
【弁護士に相談すべき理由と注意点】


交通事故の賠償金について,
このような悩みや疑問は
ありませんか?

  • 初めての交通事故の被害で何をどう対応すればよいか分からない
  • 主治医の対応が冷たく積極的な診察をしてくれてないような気がする
  • 治療しながらの加害者や保険会社への対応や手続きがしんどくて辛い
  • 保険会社から整骨院に通うなら治療費は払わないと言われてしまった
  • 保険会社からの示談提示額が適正なのかどうか分からない
  • まだ治療中なのに保険会社から治療費の打ち切りをすると言われた
  • 仕事を休んだ際の休業損害の額が少ない、払ってくれない
  • 後遺障害等級認定の申請を保険会社に任せたら非該当になってしまった
  • 弁護士に相談すると費用が高くなるんじゃないかと不安に感じている

そのほか様々なお悩みがございましたら、弁護士に是非ご相談ください
【ご相談・ご依頼のタイミング】

交通事故の適切な賠償金請求は、
交通事故の実績のある弁護士と
医師の協力が必要不可欠です。

交通事故に詳しい弁護士に依頼しなければ、適切な賠償金や後遺障害等級認定を獲得することは困難です。
相手の保険会社から提示された示談金は、ほぼ妥当な金額でないことが通例です。

交通事故の示談交渉は基本的に加害者側の保険会社が主導します。被害者側の保険会社は契約者のケガに関する加害者との交渉には原則として関わりません。これは後遺障害等級の認定についても同様であり、加害者側の保険会社が損害保険料率算出機構に後遺障害等級の「事前認定」という手続きを行います。加害者側の保険会社の担当者はあくまでも加害者側の立場ですので、被害者に寄り添った対応をするとは限りません。

さらに被害者の主治医は交通事故被害者の治療については熱心ですが、その後の後遺障害等級の認定については、熱心になってくれないケースが多いです。また整形外科の医師の中には完全に治癒していないにも関わらず、症状固定を進言する方もいらっしゃいます。後遺障害等級の認定を受けるために必要な検査や、後遺障害診断書の記載方法について深い知見を持っている医師はそれほど多くありません。

こういった環境で、交通事故の被害者が適切な後遺障害等級の認定を受けることは困難です。後遺障害等級の認定を受けたいとお考えの方は、交通事故の示談交渉に特化している弁護士にご相談ください。交通事故に強い弁護士は、交通事故の被害者に寄り添える医師と連携をして後遺障害等級の認定を受けるために対策を講じることができます。

【慰謝料相場】

その賠償金は本当に適切ですか?
弁護士に依頼をすると
賠償金が増額する可能性があります。

あなたが保険会社から提示されている賠償金は適切でしょうか。保険会社と交通事故の被害者が直接交渉をしている場合に適用される慰謝料の算定方法は「自賠責保険基準」や「任意保険基準」といって、低額な基準です。一方で弁護士に依頼した場合は、過去の裁判例などに基づいて設定された「裁判基準」で賠償金が算定されます。ケガの程度や入通院の日数などにもよりますが、自賠責保険基準と裁判基準では2倍以上の差が生じることもあるのです。

賠償金の算定方法は、後遺障害がないケガだけでなく後遺障害があるケガにも影響します。後遺障害等級が認定されれば、後遺障害慰謝料を請求できます。この慰謝料についても弁護士に交渉を依頼したほうが高額になるケースが多いのです。

また弁護士に依頼することで、賠償金の算定方法だけでなく、通院日数や治療期間の最適化が可能です。加害者の保険会社から治療の打ち切りを宣告されたとしても、交通事故に特化した弁護士であれば粘り強く交渉して適切な治療を受けられるように尽力いたします。

現在、保険会社と直接交渉をしている方は是非弁護士にご相談ください。交通事故の直後から示談交渉の最中まで、どのフェーズの被害者さまからの相談も受け付けております。

私たちは、交通事故に遭ったばかりの
被害者さまを全力でサポートします

弁護士は、交通事故で困ったときの強力なパートナーです。交通事故の被害者さまにとって唯一の味方ともいえるのが、ご自身で依頼をした弁護士です。 弁護士に交通事故の示談交渉を依頼することで、被害者さまは安心して治療に専念いただけます。その上で症状に見合った適切な賠償金の請求が可能です。交通事故のケガで苦しんでいる方は是非とも交通事故弁護士相談ホットラインにお任せください。

【交通事故に強い 弁護士の選び方】

交通事故による後遺障害が残ってしまった場合、
弁護士介入により賠償額がとても大きく変わります

諸金額の比較
1384万円の増額

交通事故被害者が当サイトの
弁護士に相談・依頼すると、
次のようなメリットが得られます

メリット1

相手方保険会社との示談交渉や
面倒な手続きを、
弁護士にお任せいただけます
【交通事故解決の流れ】

メリット2

主治医による診断書が
不十分な場合には
協力医師と連携して
適切な診断が受けられるように
ご案内いたします
【協力医のご紹介】

メリット3

障害部分の慰謝料を増額できる
可能性が高まります

メリット4

後遺障害等級の認定が受けられる
可能性が高くなります

メリット5

後遺障害慰謝料・逸失利益についても
適切な金額を請求できます

交通事故の被害者・遺族が抱える苦しみや悲しみには、計り知れないものがあります。

当サイトは、そんな被害者や遺族のお役に立ちたいと考える弁護士たちの、強い思いと意志によって立ち上がりました。

弁護士に依頼すると、慰謝料を含めた賠償金の請求や後遺障害等級の認定を有利に進めることができます。また被害者さまは精神的に大きなストレスになる保険会社との交渉に関わる必要もありませんので、ケガの治療や日常生活に集中できます。

このように交通事故の示談交渉を弁護士に依頼することについて、被害者さまにはほとんどデメリットがないにも関わらず、未だにご自身で保険会社と交渉をして不適切な賠償金を受け取っている方が少なくありません。

私たちはそういった被害者さまを1人でも減らしたいと考えております。弁護士への依頼については、弁護士費用を懸念される方もいらっしゃいますが、弁護士費用特約があれば自己負担が生じることはほとんどありません。また弁護士費用特約に加入していない場合にも、賠償金の増額によって弁護士費用をまかなえることが多い傾向です。費用について不安を抱えている方もお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

是非とも当サイトの弁護士に、交通事故の示談交渉をお任せください。交通事故で心身共にお辛い被害者さまのために全力を尽くして対応いたします。

【弁護士費用特約とは】

交通事故の被害に遭いお辛い症状で苦しんでいる方、
治療の甲斐なく後遺症が生じてしまった方、ご家族を亡くされた方、
ぜひ当サイトの弁護士にご相談ください。

交通事故の解決実績が豊富な弁護士が、
被害者さまやご家族のために最善策をご提案いたします。

当サイトでは、交通事故の示談交渉に特化した
経験豊富な弁護士にご依頼いただけます。

死亡事故や後遺障害が生じた事故、またむちうち症などの傷害のみの事故でも対応可能です。

慰謝料の増額交渉や
後遺障害等級認定のための手続き、
適切な治療を受けるための交渉など、
交通事故に関するさまざまなサービスを
提供いたします。

ご依頼いただいたことで
費用倒れすることがないように
事前に見積もりを提示しておりますので、
ぜひお気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る