協力医のご紹介 | 交通事故弁護士相談ホットライン

協力医のご紹介

協力医のご紹介

交通事故に遭われた被害者の方々が適切な損害賠償を受けるためには、保険会社との示談交渉だけに留まらず、例えば後遺障害等級認定の申請時や裁判となった場合にも、正確な医学的立証が必要不可欠であり、わたしたち弁護士の能力が問われる部分でもあります。

しかしながら、交通事故における適切な損害賠償獲得のために、全ての主治医が必ずしも後遺障害の態様を正確に診断し、後遺障害診断書に記載することが出来るとは限りません。

それに、弁護士はあくまで法律の専門家であって医学の専門家ではないことから、後遺障害等級認定獲得のための技術や知識があったとしても、法的な立証と医学的な立証の両輪が揃わなければ、後遺障害等級認定の獲得は非常に困難と言えます。

交通事故弁護士相談ホットラインでは、整形外科医や脳神経外科医をはじめとした各科の専門医が所属する「メディカルコンサルティング合同会社」より、協力医としてバックサポートを受けていることで、他にはない高確度な後遺障害等級認定の獲得が実現可能となっています。

協力医のイメージ

協力医のご挨拶

このたび、交通事故弁護士相談ホットラインの協力医として、私が代表医師を務めるメディカルコンサルティング合同会社が提供する医証サービスを通じて交通事故被害者の方々が、正当な損害賠償を受けられるようお手伝いをさせていただくこととなりました。

日々、医師として交通事故外傷患者の治療に向き合う中で、その患者の主治医ひとりのチカラだけでは、交通事故に遭われた方の全ての被害回復までには到底及ぶことが出来ないことを痛感しております。

自賠責の認定基準についての詳細は、ブラックボックスとされていることから、後遺障害等級の認定が必ずしも適切ではないと考えられます。ですから、等級が適切に認定されるためにも弁護士と医師が連携しながら、主治医の記載する後遺障害診断書などの医学的立証を、画像鑑定や意見書などを駆使して補填することが肝要と言えます。

弊社においては、整形外科及び脳神経外科の領域を主としております。
しかし交通事故の受傷態様は多岐に渡りますので、これらのメジャー科に限らず、様々なマイナー科領域にも対応することが可能となっております。

各科の専門医が責任をもって対応させていただきますので、どうか宜しくお願い致します。

協力医師プロフィール

交通事故弁護士相談ホットライン協力医 濱口 裕之
交通事故弁護士相談ホットライン
協力医 濱口 裕之
【資格】
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • 日本リウマチ学会専門医
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
【プロフィール】
  • 平成8年   京都府立医科大学 医学部卒業
  • 平成9年   国立舞鶴病院勤務
  • 平成11年 済生会滋賀県病院勤務
  • 平成16年 京都第一赤十字病院 整形外科副部長
  • 平成28年 メディカルコンサルティング合同会社 代表医師 兼 CEO

現役の整形外科医師として、多くの外傷患者を治療するべく自己研鑽を積み重ねてきたが、一定数発生する後遺障害患者を診て、医学的アプローチだけでは片手落ちであることを感じ、この問題を解決するべく、各領域における専門医グループを結成して、全国で交通事故被害者や労災事故被害者の救済に尽力し続けている。