交通事故弁護士相談ホットライン

解決事例

後遺障害等級を取得した事案

               
性別

男性

年齢

40代

職業

会社員

後遺障害等級・死亡事故

14級9号

症例・受傷部位

手首の負傷

提示された
慰謝料
相談前相談後

なし

約600万円

弁護士介入
による
慰謝料増額の
要旨

追突されて親子で負傷した交通事故で、依頼者の過失割合は0の事案でした。

相手方保険会社との交渉についてご相談いただき、後遺障害が付くかどうか微妙な事案でありましたので、その等級認定手続も含めて受任となりました。

後遺障害診断書を取得した後、医師にその診断書と治療経過を確認いただき、後遺障害診断書に付記してもらった方がいい内容についてアドバイスを受け、依頼者に事実を確認した後、その内容を担当医に付記していただくように依頼し、その結果、後遺障害等級14級が認定されました。

そして後遺障害等級14級にしたがって、逸失利益と後遺障害慰謝料が上乗せされて、示談に至りました。
なお、依頼者に弁護士特約はついておりませんでしたが、保険会社より支払われた賠償金額から弁護士費用をいただくことで、依頼者には持ち出しの費用はなく問題を解決することが出来ました。

等級が認定されるかどうかによって200万円以上の差が生じますし、医師のアドバイスを受けたことは非常に良かったと感じております。
しかし、こういった判断は一般の方には難しいですし、ご自身の本来獲得できるはずの賠償を受け取るためにも、交通事故に遭ってしまった際には交通事故専門の弁護士に、まずはご相談いただければと思います。