認定等級により損害額を増額した事例 - 大阪の交通事故弁護士

解決事例

認定された等級により算出される損害額を増額した事例

               
性別

女性

年齢

50代

職業

会社員

後遺障害等級・死亡事故

12級7号

症例・受傷部位

足関節脱臼骨折,頸骨骨折,腓骨粉砕骨折

提示された
慰謝料
相談前相談後

約980万円

1,200万円

弁護士介入
による
慰謝料増額の
要旨

乗用車の助手席に乗車していた依頼者がセンター道を走行していたところ、反対車線から相手車両がセンターラインをオーバーして走行してきたため、正面衝突した交通事故でした。

本件衝突の衝撃で作動したエアバッグにより胸部を強打し、一時呼吸困難になるとともに、右足をはじめ、頭部、頸部、胸部など身体の各所を激しく殴打されていました。

100対0で過失割合には争いがなく、損害額、特に後遺障害等級が争いとなった。

自賠責保険の等級認定により、後遺障害等級は12級7号をされた事案でしたが、可動域制限といった運動障害の他に日常的に疼痛を生じていること、将来変形性足関節症を発症する恐れが高いこと、心的外傷後ストレス障害と診断されたことなどを理由に、後遺障害等級10級、少なくとも併合11級として、後遺障害慰謝料や逸失利益を算出すべきであると主張しました。

交渉の結果、後遺障害慰謝料及び逸失利益の算定において11級を前提に算出することとなり、これにより約220万円の増額となり1200万円の賠償金を受領することができました。